2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ

2022年1月 7日 (金)

Amazonから人渣反派自救系統 英語版1巻が発送されたとメールがきました。

Amazonから人渣反派自救系統 英語版1巻が発送されたとメールがきました。

手配予定日のメールじゃなくて発送メールです。明日届くそうです。

とりあえず紀伊国屋さんの方にキャンセル依頼。無理なら買う所存。家にさはんが2冊あるのも良きかな。

2021年12月25日 (土)

人渣反派自救系统 英語版1巻がいつ在庫確保できるかAmazonに問い合わせてみた。

Amazonに The Scum Villain's Self-Saving System Vol.1がいつ在庫確保できるか問い合わせてみました。

カスタマーセンターにチャットで問い合わせて、調べてくれた結果

「今現在、仕入れ先より入荷不可の連絡はないが、いつ入荷できるかというAmazonからの問い合わせに対して、仕入れ先から返答がない状態」

さらに詳しく問い合わせると

「仕入れ先から入荷不可の連絡があれば、注文自体をキャンセルさせていただくことになる可能性がある」

と回答…マジか…。予約してるんだから予約数だけでも確保しておいてよ~~~orz

これが世間で「入手できないときがある」と噂の洋書予約の実態か…恐ろしい…。

紀伊国屋とかも今はもう仕入れ先からの取り寄せになちゃってるしだろうし(多分仕入れ先に在庫なし)、Amazonの洋書部門どうなってんねん!と叫びたいわー。

「マーケットプレイスで出品されているようなので、Amazonの注文をキャンセルし、そちらで購入いただければ差額をAmazonが負担します」

と提案されたけど、Amazonに出店している信頼できる洋書輸入店は注文の発送予定日が1/30になってましたので、おとなしくAmazonを待つことに。

1月に都会に出て洋書取扱店巡りつつ、Amazonからの入荷メールを待つしかないのか…。

The Scum Villain's Self-Saving System Vol.1 の発送の遅延

Amazonで10月に予約した「さはん」の英語版、

 The Scum Villain's Self-Saving System

の1巻が25日に届くはずだったのですが、一向に発送しないな、と思ってたら、25日になって発送遅延の連絡メールが来ました。

多分在庫を確保できなかったのでしょう。

もっと早く在庫確保できていないと連絡くれれば、紀伊国屋で買ったのに…。

リアルの紀伊国屋で売ってるの見たのに、「もう届くだろうから」って見送ったんやで😞

もうあきらめてこのままAmazonで待つつもりです。

どうせ年末年始も仕事で翻訳しながら読書する時間なんてないし(T_T)

2021年11月24日 (水)

Amazon Prime で「復活のルルーシュ」視聴。三郎/花城(天官賜福)を想像しながら…

コードギアスというと個人的には平成厨二アニメの象徴だと勝手に思ってます。

ずっと「復活のルルーシュ」を見たかったのですが、ついにPrimeで見放題になってやっと視聴完了しました。

大変面白かったです。久し振りに見るとところどころに平成的懐かしさとを感じました。

  • キーボードを叩くだけの動作に謎のポーズを入れてある。←最初にこれで噴いてしまったけど、その後はガンガン謎ポーズ出てくるよ!
  • ナイトメアフレーム(作中のロボットの総称)の操作がゲームセンターっぽい
  • ゼロの服装とか、最後のC.C.とL.L.の服装とか

これ!ギアスといったらこれ!この厨二は平成を感じる~~~!って。

※私は厨二は好きです。むしろないと盛り上が足りないと思ってます。

厨二がどうとかいうことから感想にはいってしまいましたが、この作品は平成では作れなかった完全なるハッピーエンドだなって感動しました。さすが令和元年に発表された映画です。

アイデンティティでもある厨二感は残しつつ、ストーリーは現代にアップデートされていました。

「コードギアス」世代ではない若い方にも劇場版3部作とこれだけでも見ていただきたいです。

 

ルルーシュの声優さんが天官賜福の三郎と同じ方なので、脳内で花城に変換してみたりしてました。花城も見た目はかなり平成厨二キャラっぽいので、互換性あるかと思いまして…。でもちょっと違うかなー?花城は令和のスパダリだからかな…。

脳内が今空前の中華BLブーム(というより墨香銅臭先生ブーム)なので、何を見てもつい中華BLと絡めてしまう…。

 

多分見放題の期間は短いと思うので、早めの視聴をオススメします。

2021年11月 1日 (月)

天官賜福の日本語版の発売が決定しました!

発売日も価格も未定ですが、発売することは決定したようです!

楽しみですね!

https://twitter.com/dariaseries_uni/status/1454734933390331911?s=20

2021年10月25日 (月)

「人渣反派自救系統」の英語版を予約しました。

台湾版は翻訳できるとはとても思えないので、英語版。

「人渣反派自救系統」1英語版は12月発売です。

「天官賜福」1も英語版が12月発売です。

どちらもAmazonで普通に買えるので日本語版を待ってられない人にはオススメ!

とはいえ「天官賜福」は来年くらいには日本語版が出始めるだろうと予測しているので、英語版の購入予定はなしです。

まさかBL読みたいがために英語を勉強することになるなんて!でも頑張ろうと思います。萌えられる上に勉強もできるなんて逆にありがたいやん!と自己暗示(;´д`)

中華BL最高ですね!最近BLに興味がなくなっていたのですが、まさかBL文化逆輸入(らしいですよ)でまた萌えに火がともるとは思っていませんでした。

2021年10月24日 (日)

墨香銅臭さんの作品を全部、日本語版を出版してくれないものか

すっかり「魔道祖師」「天官賜福」に嵌ってしまったので、原作者の墨香銅臭さんを調べたのですが、最初の作品があってそれも台湾などでは出版されているそうです。

タイトルは

「人渣反派自救系統」

あらすじは、

ネット小説に納得がいかず憤死してしまった主人公は気が付くとその小説の、幼いヒーローを苛めぬくクズの悪役仙師(仙人なのかな?)に生まれ変わっていた。

今はまだヒーローも少年。今のうちに態度を改めて何とか原作改変し、だるま(手足を切り落とされて吊るされるという拷問を受ける予定)を回避しなければ!

と思うものの、謎の「システム」から「キャラ改変はNG」という警告を受けてしまう。

キャラ崩壊を防ぎながらなんとかヒーロー の好感を得ようとするうちになぜかヒーローから深い執着と愛を受けるようになってしまい…?!

みたいな感じのようです。

「なろう系」ですね。でもこういうの好き。

墨香銅臭さんはこんな設定でも重厚な話を作れる方のようなので面白いんだと思います。実際頑張って台湾版読んでる方も多いそうな。萌えの力って偉大ですね…。

でも私はぜひ日本語版を読みたい。ぜひ読みたいのです!読みたいんだー!!!

と叫んでおく。だれか出版社の人見てくれてないかな、と期待。

中華BLに嵌ってしまった=布教活動する

最近、テレビの大きな画面でprimeビデオを見る方法を知って、それから楽しくprimeビデオ三昧を送っています。

その中で「魔道祖師」というブロマンスアニメが大変面白かったです。

 

中華アニメってここまで来てるんだ!と驚きました。

「魔道祖師」からの流れで原作が同じという「天官賜福」というアニメも見たのですが、こちらのクオリティは「魔道祖師」よりさらに上…。中国の底力、恐ろしい!正直同クール放映の日本勢負けて…あばばば。

 

どちらの作品も演出が日本アニメを思わせて、きっと日本アニメをたくさん見てきた、アニメが好きな人たちが作ったんだろうなってほっこりしました。

ゲームもそうですが、そのうち中華オリジナル表現とかも生まれて日本が追い越されそう…。中華の吸収力の高さに驚かされます。

とはいえ、あちらはさらに規制が厳しくなって作品が発表できないどころか、時には…、う、怖くて書けない。ゲームもアニメも技術力が上がって盛り上がってきているだけに残念なことですね…。

調べたらどちらも元はネット発(中国は以前から書籍発刊の検閲が厳しいからネット小説が盛んらしい)のBLで商業になるにあたりブロマンス化したそうです。私はブロマンスで行間読むのも好きなので大歓迎です。

ですが、「魔道祖師」は日本語版書籍(上記のような事情でオリジナル出版は台湾だそうな)出ていることを知り、全4巻を大人買い。がっつりBLです。

面白いです!最高です!萌えました!夜寝る前に読みだして、翌日昼まで読み続けてしまいました!

中国の作品だからと観ない、読まないはもったいないです!腐女子のみなさん!「魔道祖師」読みましょう!

まだ「天官賜福」は日本語版が出ていないそう

声を上げないと日本語版は出ないかもしれない…と危惧して声をあげます(これ私よく言ってる気がするな…)。「天官賜福」 の日本語版読みたいです!はやく!はやく出して!殿下(主人公)と三郎(ヒーロー)がどうなるのか気になって落ち着かないんじゃー!

 

2021年5月22日 (土)

サブノーティカ 感想

 


 

サバイバルゲームが好きです。

ローグライクも好きです。

知らない世界を冒険するのは大好きです。

廃墟探索も大好き。

でもホラーは苦手。

こういった要望にサブノーティカは完全に一致しました!

ライトで照らしも海の底は真っ暗…とか下手なホラーより怖かったけど!

実は途中で行き詰って終わってないんですが、続編が出たようなので、感想を書いておこうかと。

でもストーリーよりも世界観を楽しむゲームなので感想書きにくいです。

ひたすら海の底に潜って美しい光景を探すも良し、

立派な拠点を作って遊ぶもよし、

遊び方はあなた次第!みたいな。

ただバグは多いです。私はその所為でなんどかせっかく手に入れたアイテムなくしたりしました。

PC(steamかな?)版に比べてPS4は資源が復活するので簡単だと言われてます。

資源復活しないとか間違えてアイテム生成したらどうなるんだ…とぞっとしたけど、そういうやり直せないのも楽しいですよね!こういうこというとマゾって言われるけども!

英語でプレイするのは厳しいのでローカライズされているバージョンがオススメです。

2020年11月17日 (火)

fuelphpのRequest_Curl クラスでAPIにxmlをpostするときの注意点

もしかしたら常識なのか?と思いつつ、自分ははまって2日も無駄にしたので世のため人のためにメモを残しておきます。

 

fuelphpのRequest_Curl クラスを使ってAPIに接続し、postfieldとしてxmlを渡す、という処理を作っていました。

事前にcurlを使ってのテストは上手く行っていたのですが、fuelphpに組み込んで Request_Curl を使うとxmlパラメータエラーとAPIが返してきてしまいました。

xmlの書き間違いかな?と思って目で確認し直すも問題なし。

その時のソースはこんな感じです。

----------------------------------------------------------------

// 間違えているソース例です。

// post値生成
$postdata = "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"utf-8\"?><entry xmlns=\"http://xxxxxx\">";
if ($posts) {  // postする情報を連想配列で渡し済みなのでxmlに成形する。
    foreach ($posts as $key => $post) {
        $postdata .= "<$key>$post</$key>";
    }
}
$postdata .= "</entry>";

$curl = Request::forge('http://api.xxxxxxxx/1234', 'curl');
$curl->set_method('post'); // メソッドはpostを指定
$curl->set_options(array(
    CURLOPT_RETURNTRANSFER => true,
    CURLOPT_HTTPHEADER => array("$header"), // ここでは省略していますが、事前にheaderを生成しています。
    CURLOPT_POSTFIELDS => $postdata, // xmlをpostfieldsとして渡す
));

$response = $curl->execute()->response();

----------------------------------------------------------------

URL引数を間違えているのか?オプションの指定が悪いのか?と試行錯誤しましたが解決しなかったので、Request_Curl の中身を追っていったところ、問題がわかりました。

どういう理屈かわからないのですが、
 $curl->set_method('post');
をするとオプション指定したはずの「CURLOPT_POSTFIELDS」が空にされてしまうようなのです。なんてこったー!

ということを踏まえて以下のように修正したら通りました。赤いところが修正したことろです。

----------------------------------------------------------------

// 正しいソース例です。

// post値生成
$postdata = "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"utf-8\"?><entry xmlns=\"http://xxxxxx\">";
if ($posts) {  // postする情報を連想配列で渡し済みなのでxmlに成形する。
    foreach ($posts as $key => $post) {
        $postdata .= "<$key>$post</$key>";
    }
}
$postdata .= "</entry>";

$curl = Request::forge('http://api.xxxxxxxx/1234', 'curl');
// $curl->set_method('post'); // これを指定するとpostfieldsを空にされてしまう。コメント化。
$curl->set_options(array(
    CURLOPT_POST => true,   // メソッドはデフォルトでGETなのでオプションでちゃんとpostを指定する。
    CURLOPT_RETURNTRANSFER => true,
    CURLOPT_HTTPHEADER => array("$header"), // ここでは省略していますが、事前にheaderを生成しています。
    CURLOPT_POSTFIELDS => $postdata, // xmlをpostfieldsとして渡す
));

$response = $curl->execute()->response();

----------------------------------------------------------------

これでxmlがちゃんとAPIに渡りました。

set_method() の動きがなんでこうなっているのかはよくわからないまでも、対処法はわかったって感じです。

«我が家のわんこのごはん